目に関する色々な情報・・かな??

ituの目の障害(?)が解った日
すぐに友人に電話して訪問させて貰った

その友人のお子さん(4歳)は生まれつきの先天性白内障で
とにかく子供の目の為なら良いと言われる病院や施設など
何処へでも行くという素晴らしく熱心な人だ

友人はすぐに

「盲学校に相談する、盲学校が推薦する眼科を受診する」

その2つを提案してくれた
・・・だけでなく「通っているから」と盲学校に連絡してくれた

悩んでいた眼鏡も

補聴器があるのでバンド型で正解
フレームに比べて見劣りはするけれど滅多壊れない
(フレームはすぐ歪むのでメンテナンスが超大変←その度に金かかる)

だから小児医療センターに来ている眼鏡屋だけでなく
近所にある眼鏡屋に紹介状書いてもらって、
そこでメンテナンスするといいと教えてくれた


後に更に盲学校の先生から聞いたのは
視力が重度の場合フレーム型だとレンズだけでも相当重いため
そこに補聴器と合わせるとかなりの重量により耳に負担がかかる
そのため凄く耳が痛くなるので、ある程度の歳になるまでバンドが多いって

2歳半にしてバンド型は可哀そうでしょう~って思って悩んだけど
一度も眼鏡をした事ないituにとっては苦痛以外の何物でもない
当然付けていられないどころか 付ける事さえ拒否だろう

そう考えたらバンド型にした自分をまず褒めたよ~


友人が電話してくれてから数日後、盲学校の先生が訪問してくれた
盲学校はhahaん家から車で1時間以上かかる

今までペーパードライバーを克服してきたとはいえ、その距離は無理!
と言ったら「最初だけは・・・」と訪問してくれた

ituがどのように目を使いながら生活しているかを見てくれようとしたけど
そんな放置プレイが心地よかったのか、先生がきてすぐに寝てしまった

結局hahaの相変わらずグダグダの弱音を散々聞いて貰ってサヨナラ・・

決めた事といえば、とにかく早期相談(療育)として盲学校に通う事
盲学校が推薦してくれる都内の眼科にかかること

何はともあれ今は来週の眼鏡の出来上がりを待つだけだ






ituを見守って下さっている方々 本当に有難うございます
これからも我が家は全力で戦いますので宜しくお願い致しますm(__)m

押して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村