盲学校の教育相談 見学

教育相談の為の部屋が一部屋あって、先生2人が常駐
まるで子育て支援センターのようで、更に聾学校と同じ雰囲気だった

オモチャがいっぱいあって、特別何かする訳でもなく自由に遊ばせる
それはまるで「お婆ちゃんの家に遊びに来た」ような雰囲気
(その感じも聾学校とそっくり)

そのituの姿を先生達が見守りながら・・・ituの状態を見ているのかな??

ituは大量のオモチャに興奮して、hahaなんか居ないかのように無視
昼ご飯を挟んで3時間半、ituは本当に楽しそうだった(オモチャで)

まだ信じられない・・これでituの視力がほとんどないなんて

盲学校の先生が言っていた

視力がO.O1なくても生活は出来る
何が出来ないって、例えば向こうから来る人の表情が解らない
だからそれが知っている人で、もし笑いかけられているとして
でも見えない事によってituがそれに気がつかなければ
もしかしたら相手は無視されたと思うかもしれない

つまりコミュニケーション力の問題だと

それは聴力も同じ事だと思っていた
聞き取りが上手く出来ない、発音が上手く出来ない
今はまだ小さいからいいけれど、これから大きくなるにつれ一番の不安


他の部屋からはピアノに合わせて歌う歌声
校庭では先生に手を引かれながらグラウンドを歩く中学生位の生徒の姿

トイレに行った時に小学生位の生徒数人に合う
壁伝いに歩きながら 必要なもの、必要な場所を手さぐりで探す

改めてここは盲学校なんだと知る


学校内では白い棒を余り使わないらしい
その棒で廊下を楽しそうにあるく生徒、先生が「駄目よ~」って笑って言うから
先生とそんなやり取りを楽しんでいるようだ

そんな時はやっぱり見える見えないなんて関係なくて
ただのイタズラな幼い、純粋で無垢な可愛い子供達だ

それと同時にその姿に
本当に見えないんだなって、本当に見えていないんだなって実感する

目が不自由ってだけではない
むしろ障害が重複していて、その中の一つとして目が不自由という事

聾学校も同じだ
沢山ある障害の中の その一つとして耳が聞こえないって事

身体的な障害だけなら養護学校とかなのかな・・・
耳もあるから聾学校を選ぶケースが多いのかな

何だかよく解らないんだけど聾学校・盲学校共に
目が見えないだけ・耳が聞こえないってだけじゃないって事だ

今回は見学だけだったけど、今後盲学校に通うかどうか考える

小児医療センターでは盲学校は今まだ必要ないと言われた
都内の盲学校と提携している病院では盲学校に行った方がいいかなって





ituを見守って下さっている方々 本当に有難うございます
これからも我が家は全力で戦いますので宜しくお願い致しますm(__)m

押して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村